毛穴の汚れをスッキリ落とせるということで人気のどろ泡洗顔。このどろを主成分とした洗顔料の中でも特に有名なのがどろあわわとよかせっけんです。この2つの洗顔料の中でどちらを選べばいいか悩む方も多いです。そこでこの2つを使い比べてどのような違いがあるのか比較をしてみました。
《どろあわわ》
沖縄産のマリンシルトと国産のベントナイトという吸着成分を豊富に含んだどろを主成分としています。このWのどろパワーで毛穴汚れやシミの原因となる角質を吸着して取り除くことができます。さらに豆乳発酵液やコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分を豊富に含んでいますので使用後のお肌はしっとりなめらかです。洗顔と保湿がこの一つでできるので忙しい方にもおすすめです。
《よかせっけん》
毛穴よりも小さい火山シラスパウダーや超微細シリカパウダーを使用していて、毛穴の汚れをしっかり吸着させることができます。そして天然ミネラル成分を豊富に含んでいるので肌に優しく洗い上げはなめらかでしっとりしてい透明感のある仕上がりになります。
このように、主成分はどちらもどろを使用しているということと保湿成分が豊富に含まれているという点でどろあわわとよかせっけんはとてもよく似ている洗顔料と言えます。どちらもしっかりと汚れを落とすことができ、洗い上がりのお肌はツッパリ感もなくとてもしっとりとしています。そんな2つですがどのような点に注目して選べばよいのでしょうか。
《毛穴汚れをきれいにしたいという方にはどろあわわ》
特に毛穴の汚れが気になる方や毛穴の広がりや肌のザラつきなどをきれいにしたいという方にはどろあわわがおすすめです。「毛穴汚れ専門」とうたっているだけあってとてもさっぱりとした使用感で毛穴の黒ずみなどの汚れをしっかり落とせます。さっぱりとした使用感でオイリー肌の方でもさっぱり洗うことができます。
《今のところトラブルは無いけれど、肌にいいものを使いたい時は、よかせっけん》
大きな肌や毛穴のトラブルがなく、肌にいいものを使いたいという方におすすめなのがよかせっけんです。医薬部外品で、ニキビにも効果が期待できると言われています。肌質問わず使用できるのでどのような肌質の方でもオールマイティに気持ちよく使用することができます。
この2つのどろ泡洗顔料はどちらも使用後のツッパリ感もなく毛穴をきれいにすることができるので、どなたにもおすすめできます。

どろあわわと泡のここち、どっちを購入するか迷い中

どろあわわと泡ここちは、どちらもよく似た洗顔料です。どちらを購入すればいいか悩んでいる人も多いでしょう。
気になるのが使用感です。人により個人差はありますが、泡の密度や肌への刺激の少なさなどは、どろあわわの方が上かもしれません。
泡のここちも綺麗に洗顔することができますが、人によっては多少刺激を感じる場合もあるようです。
続いて価格ですが、こちらはどろあわわが三千円近くするのに対し、泡のここちは二千円程度です。
約千円も違う上、内容量は両方とも同じです。価格の面で考えると、少し差があります。
サービスに関しては、会社の規模が違うため、それぞれ大きく異なります。どろあわわは泥洗顔の市場で売り上げ一位を誇っている人気洗顔料です。
そのため、様々なキャンペーンを展開しています。
まとめて購入することで割安になったり、定期購入が手軽に行えるなど、購入者に優しい対応が目立ちます。
特に洗顔料は毎日使用するものですから、消耗が激しいです。すぐに使い切ってしまうでしょう。
そういう意味では、まとめ買いや定期購入で割安になるのは非常にお得と言えるでしょう。
一方で泡のここちはキャンペーンを行うことは少ないので、少々物足りなさはあるかもしれません。
その分、通常価格はお手頃となっています。
まとめ買いや定期購入は嫌という人もいることでしょう。
そういった人は低価格の泡のここちの方が合っていると思います。
まとめて購入しても自分の肌に合わなければすべて無駄になってしまうので、まずはお試しで一つ購入してみて、自分の肌に合うかどうかチェックすることをおすすめします。
まとめ買いや定期購入はそのあとからでも遅くはありません。
もし金銭的に余裕があるのなら、高価格ながらも使い心地の良い、どろあわわを選ぶべきでしょう。
比較的どんな肌の人でも問題なく使えるので、敏感肌であっても肌荒れなどを起こすリスクは少ないはずです。
ただ長期間続けるとなると、やはりお財布が心配になってきます。そういう人には泡のここちが良いです。
人によっては合わないケースもあるので、まず顔につける前に腕などにつけて、肌トラブルが起きないか確認しましょう。
トラブルのリスクを回避した上で使用すれば問題ありません。結局はどちらの洗顔料も、使う人に合うかどうかは重要なのです。
まずはどちらも購入してみて、美肌に対して効果の高かった洗顔料を長期的に使用していけば良いと思います。

どろあわわと二十年ほいっぷはどっちが評判がいい?

美しい肌を維持するためには毎日の洗顔は欠かすことができません。洗顔石鹸は多くの種類が販売されていますが、商品によっては肌に負担がかかるもの、乾燥しやすいものがあるので注意して選びましょう。
肌に負担をかけず、適度な潤いが残ること、そして毛穴の汚れや肌の古い角質もしっかり取れるものであるかは確認しておきましょう。
通販の洗顔石鹸にも人気の商品があり、どろあわわや二十年ほいっぷは多くの人に選ばれている商品です。
まず、どろあわわは沖縄産マリンシルトが利用されていることが特徴的です。
沖縄産マリンシルトに、こちらも吸着力に優れている国産ベントナイトが毛穴の汚れやシミの原因となる角質をしっかり取り除いてくれます。
マリンシルトは髪の毛の16分の1以下の細かい微粒子となっており通常の洗顔では落としきれない毛穴の汚れ、黒ずみなどをしっかり吸着してくれます。
国産ベントナイトも毛穴の汚れを取る効果に優れ、しかもキメを引き締める効果も期待できます。
豆乳醗酵液、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分も含まれ洗顔しながら保湿効果も得ることができます。
二十年ほいっぷはくすみを取り除くのに役立つ洗顔石鹸として人気です。
二十年ほいっぷは釜練り製法で丁寧に作られた石鹸で皮脂膜のくすみ、角質層のくすみの両方のくすみを取り除くのに役立ってくれます。
超極小の弾力泡で気泡が割れにくいため汚れをしっかりと吸着して離しません。気泡が小さいことで、肌のキメにまで入り込み、奥の汚れもしっかりと落としてくれます。
角質層のくすみを防ぐのには北海道のホエイという成分が役立ってくれます。これはチーズを作る際にできる潤い成分で肌に潤いを与えることはもちろん、石鹸の泡の弾力を強くする効果も持っています。
どちらを選ぶべきか迷った際はまずはそれぞれの特徴を良く確認し、どのような成分が使われているのか、価格や使い安さなどもよく比較しておきたいところです。
さらに洗顔石鹸のランキングサイトやコスメの口コミサイトなどでその評価を確認したり、それぞれのサイトの体験者の声を参考するなど、実際に利用している人の意見を確認しておくこともおすすめです。
そして実際に利用してみるとそれぞれの特徴がさらによくわかり、本当に肌に合うものを選ぶことができます。どろあわわの場合は定期コースを申し込むと初回は半額で購入することができますし、二十年ほいっぷもお得な定期割引が用意されています。