洗顔料には「パウダー」や「リキッド」、「クリーム」などの様々なタイプが存在しています。
その中でも大きく分かれるのが「洗顔石鹸」と「洗顔フォーム」の種類があるのですが、この2つについてご説明していこうと思います。

石鹸とフォームの違いは?

洗顔石鹸と洗顔フォームこの2つにどのような違いがあるかというと、配合されている成分が違います。
石鹸と聞くと固形のイメージがあるかもしれませんが、
実は形はあまり関係なかったんです。

固形でなくても石鹸と呼ばれる場合もあります。
基本的には石鹸か、そうでないもの。
そうでないものは基本的に洗顔フォームと呼ばれます。

洗顔フォームの特徴

では石鹸以外の洗顔料である洗顔フォームの特徴を見ていきましょう。

洗顔フォーム最大の特徴としては合成界面活性剤が含まれているということです。

洗顔料には全て界面活性剤という成分が含まれていて、
その成分によって顔についた汗や皮脂などの汚れを洗い流してくれます。

「界面活性剤」だけが含まれているものは問題ないのですが、
「合成界面活性剤」が含まれていると一気に危険度が増してしまいます。

なぜかというと、合成界面活性剤の場合、
「洗浄力が強力すぎるため、お肌の油分や必要な皮脂までも根こそぎ洗い流してしまってる」ということ。
汚れを落とすという観点で見れば十分な効果を持っているのですが、
洗顔後のうるおいなどを考えると、洗顔フォームがお肌に優しいとは言い切れないのです。

洗顔石鹸の特徴

洗顔フォームの主成分が合成界面活性剤なのに対して、
洗顔石鹸の場合は「脂肪酸ナトリウム」や「脂肪酸カリウム」などの天然成分で構成されます。

石鹸には合成界面活性剤や防腐剤や香料、着色料などの添加物は添加されません。

そのため肌に必要な成分まで洗い落とすという事態は起きませんので、保湿成分で補強せずに済む場合が多いです。

肌に不要な汚れなどの成分だけを洗い流すという本来の洗顔に必要なことを達成してくれるのが石鹸ということになります。

天然成分だけで構成されているので、その分お肌にも優しいということですね。

洗顔石鹸のどろあわわは泡パックまで出来る!?

どろあわわの潰れにくい、もっちりとした泡を使うことで話題の美容方法である「泡パック」をすることができます。

泡パックは普通の洗顔よりも少し手間がかかってしまいますが、
毛穴奥に詰まった汚れをしっかり取り除くことが出来るので、毛穴ケアにはぴったりの美容方法なんです。

また、どろあわわに含まれるヒアルロン酸や、イソフラボンの働きによって他の洗顔石鹸にはない美容効果が期待することだってできます。

泡パックの方法としては、泡立てネットを使って、通常より固めに作った泡をネットの上から下へと絞りとっていき、
手のひらで泡を受け取ったら両手に2分割して頬からゆっくり泡を伸ばしていきましょう。

顔全体に泡が広がったら、泡が肌になじんでいる状態でそのまま2分ほどおいておきます。
普段はすぐに洗い流していた泡ですが、このおいておく数分間がパックの効果を最大限に引き出します。

泡パックを洗い流した後は、肌にたっぷり化粧水をつけて保湿しましょう。
毛穴の汚れを取り除いたことで毛穴が開いてしまっているので、保湿ケアでお肌を引き締めましょう。